2010年 04月 26日

「ミス報告しにくい」3割…JR西労組アンケ(読売新聞)

 JR西日本が福知山線脱線事故を教訓に、2年前に導入した「リスクアセスメント」(危険評価手法)の課題を探ろうと、最大労組・西日本旅客鉄道労働組合(JR西労組)が社内の336部署を対象にアンケートを実施し、23日、回答のあった285部署の集約結果を発表した。

 同労組による調査は2回目。アセスメントは普段の小さなミスを分析して数値化、将来の事故を予測する手法だが、3割近い職場で「人間関係などが原因で(ミスを)報告しにくい場合がある」との回答が寄せられた。同労組は「上司に一対一でミスを報告する運転士らが、報告をためらうケースがあるようだ。よりコミュニケーションを図れる職場を目指したい」としている。

海外での日本人死刑執行は中国以外「承知せず」 政府答弁書(産経新聞)
県外移設断念やむを得ない=「沖縄県民におわびを」−民主・渡部氏(時事通信)
<事業仕分け>対象47独法、天下り法人ほど高給取り(毎日新聞)
宮崎の1例目、口蹄疫確定=農家支援策も拡充−赤松農水相(時事通信)
手鏡箱 龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)
[PR]

by qccywc7yfd | 2010-04-26 16:19


<< カキツバタ しっとりと鮮やかに...      「早慶レガッタ」でボート転覆 ... >>