<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 28日

<縄文ツツジ>水田に映え 枝周り20メートル(毎日新聞)

 樹齢が分からないほど古く、枝周りが20メートルもある、岩手県大槌町小鎚の鉄工業、小笠原長一さん(60)方の「縄文ツツジ」が見ごろを迎えた。深紅の樹姿を田植えが終わったばかりの水田に映し、山里の初夏を彩る。

 遠い昔から花の営みを繰り返してきたというロマンから、その名が付けられた。今年は天候不順でいつ咲くのか家族をやきもきさせたが、10日近く遅れての装いとなった。一陣の風で八重桜の淡紅色の花びらがツツジの樹上に舞い、輝き、思いがけなく花の競演を見せてくれた。

 新山高原からの山水が日夜根元を浸し、養分をたっぷりと吸い込んで樹勢を保つ。その花の艶(つや)を愛(め)でてやるのが、小笠原さんの至福の時でもある。【鬼山親芳】

【関連ニュース】
<写真特集>毎日植物園・春
<写真特集>チューリップ:東京・丸の内のオフィス街で8万本が春を演出
<写真特集>今年の桜の思い出は?

2020年の五輪 都体協が招致要望(産経新聞)
ネット選挙運動「解禁賛成」が過半数(産経新聞)
娘の点滴に水道水混入 母親に懲役10年判決(産経新聞)
口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)
<裁判員裁判>「責任取ってから死んで」 死刑望む被告に(毎日新聞)
[PR]

by qccywc7yfd | 2010-05-28 16:04
2010年 05月 20日

「いい経験」意識変わった 法律考える機会に 審理尽くせたか…不安も(産経新聞)

【裁判員制度開始から1年】

 刑事裁判に国民が参加し、裁判官とともに判決を決める裁判員裁判は21日で制度開始から丸1年を迎える。昨年8月に東京地裁で第1号が行われて以降、今年3月末までに全国で444人に判決が言い渡され、3594人の国民が裁判員・補充裁判員として参加した。大きなトラブルもなく、裁判員経験者の記者会見や裁判所によるアンケートでは、好意的に受け止める意見がほとんどだ。一方で課題も浮上しつつあり、制度の見直しに向けた議論も少しずつ始まっている。

 ■裁判員は「意義ある」

 制度開始から1年を迎えるのを前に、あらためて裁判員経験者に感想を尋ねた。返ってくるのは意義深かったとする答えばかりだ。

 50代の男性会社員は「強盗致傷罪の量刑が意外に重いことを知った。本当にいい経験ができた」。別の男性会社員(34)は「法律や、法を守ることについて考える機会になった。いろいろな立場の人が意見を出し合うことに意義がある」と振り返った。

 昨年末までの裁判員裁判計138件で裁判員を務めた人を対象にしたアンケートでも、参加した感想について96・7%が「よい経験と感じた」と回答している。選ばれる前に「やってみたい」と思っていた人は全体の30・1%にすぎなかったことを考えると、実際に参加することで意識が変わった人が相当数にのぼることを示している。

 一方で、経験者の1人は取材に対し、「審理を尽くせたか今も不安になる。被告が犯行時、どう考えていたのか、本当に結論に誤りがなかったか」と打ち明けた。真剣に取り組んだ裏返しとして、重責を感じている様子も浮かび上がる。

 ■裁判官の気遣い

 世間知らずと批判されることもあった裁判官。だが、こうしたイメージも裁判員制度をきっかけに変わりつつあるようだ。

 ある裁判員は「裁判官といえば偏屈で一般常識がないイメージだったが、われわれと変わらない目線で世間を見ていると安心した」と振り返った。アンケートでも83・1%の裁判員が「評議は話しやすい雰囲気だった」と回答。実際の議論も、75・8%が「十分に議論ができた」としている。

 ある裁判官が「裁判員に積極的に意見を言ってもらい、充実感を感じてもらうための努力は惜しまない」と話す通り、裁判員への気遣いは評議だけにはとどまらない。当初はマスコミや傍聴人の接触を排除するため、裁判長自ら裁判員を最寄り駅まで送る配慮もあったという。

 体が不自由な裁判員の車いすを裁判官が押し、評議室と法廷を行き来する姿もみられた。裁判所に対する全体的な印象も、裁判員の77%が「適切だった」と回答。裁判官の努力はおおむね実を結んでいるようだ。

 ■選ばれず不満

 逆に不満の声が目立つのは、候補者として選任手続きに参加しながらも選ばれなかった人たちだ。

 「候補者になっただけでも負担。制度を変えてほしい」「選任されるか当日にならないと分からないのに、あらかじめ3日間も休暇を取らなければいけないのは不合理」…

 選ばれなかった人で裁判所の印象を「適切だった」と感じたのは54・5%。裁判員経験者の数字を20ポイント以上も下回る。呼び出し人数を減らすことで不選任を減らすことはできるが、呼び出し人数は制度開始当初から現在までほとんど変わっていない。今後、改善の余地がありそうだ。

 また、補充裁判員として参加した人たちの満足度もやや低い。「裁判員が評議しているとき疑問が次々とたまった」「どうせなら積極的に話し合いに参加したかった」など、意見を自由に言えないストレスが背景にあるとみられる。

 補充裁判員をどこまで議論に参加させるかは、裁判長の判断に委ねられているが、評決には加われない。ある経験者は「裁判員を6人と限らず、6人以上として補充裁判員も加えることも可能ではないか」と提言している。

【関連記事】
遅れる書面、審理滞留…公判前整理手続きが長期化
裁判員裁判、通訳人の誤訳やはり頻発 外国人被告に「悪い印象」
捜査員が逮捕前に同宿「量刑に影響なし」懲役18年 大阪地裁
強盗強姦の被告、裁判員裁判で23年判決 横浜地裁
京都点滴混入裁判 検察側が懲役15年を求刑

【高速道路新料金】CO2は増える?減る? 国交、環境両省が正反対の試算結果(レスポンス)
<スズメ>激減? 日比谷公園で全数調査(毎日新聞)
<ハナショウブ>ひょうたん池に鮮やかな黄色 山口・住吉神社に開花(毎日新聞)
ワタミ、介護事業19%増収―施設の積極開設が寄与(医療介護CBニュース)
<覚せい剤所持>京大生に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
[PR]

by qccywc7yfd | 2010-05-20 02:45
2010年 05月 12日

カキツバタ しっとりと鮮やかに 愛知・無量寿寺で見ごろ(毎日新聞)

 愛知県知立市八橋町の県史跡・無量寿寺の「八橋かきつばた園」で、カキツバタが見ごろになった。平安時代の歌人・在原業平が立ち寄り、カキツバタの歌を詠んだと伝えられる名所。境内の大小16の池に約3万株が植えられており、雨が降った7日朝、紫色の花々がしっとりと鮮やかに咲いていた。

 今年の開花は例年よりやや遅れたものの、10日前後には満開となり、今月下旬まで楽しめそう。26日まで「かきつばたまつり」が催され、期間中は午後9時までライトアップされる。【安間教雄】

【関連ニュース】
神戸ポートタワー:改修工事終了 LEDで外観カラフルに
滝桜:夜空に樹齢1000年 福島・三春
平城宮跡:第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす
神戸ポートタワー:新装鮮やか 2カ月ぶり再開へ
掘り出しニュース:バイオディーゼル燃料でライトアップ 高校生が廃油から造る

B型肝炎訴訟で閣僚会合=和解協議に向け詰め−政府(時事通信)
日本人脱北支援者がノンフィクション刊行 飢餓からの逃避行、詳細に(産経新聞)
普段と違う眺め楽しむ 都心の川を船めぐり(産経新聞)
もんじゅ「再起動」 技術蓄積へ歩み再び(産経新聞)
図書館が暮らしの課題解決!? 就職セミナーや法律相談、講演会も(産経新聞)
[PR]

by qccywc7yfd | 2010-05-12 18:41