<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 16日

工場で塩酸漏れ 男性8人重軽傷(産経新聞)

 15日午前10時ごろ、千葉県市原市五井南海岸の化学会社「京葉モノマー」で「漏れた塩酸をかぶり負傷者が出た」と119番通報があった。

 千葉県警市原署によると、男性8人がやけどを負い、そのうち60代の男性が意識不明の重体。ほかに50代の男性2人と30代の男性2人も重傷という。同署は事故原因を調べている。

 同社によると、けがをしたのは同社の作業員1人と下請け会社の作業員7人。8人は当時、廃油を燃焼させて塩酸ガスを取り出す設備「塩酸回収塔」の点検を実施。塩酸を加熱する作業中、高温になってゆるんだ加熱器のボルトを締め付ける作業にあたっていたところ、塩酸が噴き出してきたとみられる。

 同社では、塩酸回収塔を最新の設備に替えたばかりで、数日前、加熱器などの点検を実施した際には異常はなかったとしている。

 同社は水道管やガス管などに使われる塩化ビニール樹脂の原料となる塩ビモノマーを製造販売している。

<菅内閣>努力家「蓮ちゃん」 恩師らエール(毎日新聞)
「カメルーン勝たせます」旧中津江村長が南アへ(読売新聞)
シャッター大手に課徴金計55億円=価格カルテル、排除命令も―公取委(時事通信)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 文科省への電話を指示/ノルマ課す(産経新聞)
長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)
[PR]

by qccywc7yfd | 2010-06-16 14:58
2010年 06月 07日

寛仁さま、トルコ特命大使らが慰霊 エルトゥールル号沈没120年(産経新聞)

 トルコ軍艦「エルトゥールル号」が和歌山県串本町の紀伊大島沖で遭難してから今年で120年を迎え、島民の救助活動が縁で友好関係にある同町沖の遭難海域で3日、日本トルコ友好120周年事業として犠牲者を慰霊する洋上追悼式典が行われた。

 寛仁親王殿下、長女の彬子さまが出席され、トルコ共和国のセルメット・アタジャンル特命全権大使も参列。午前9時、海上自衛隊護衛艦「せとゆき」の艦上で黙祷(もくとう)の後、アタジャンル大使が「事故を思い出すたびに込み上げる悲しみの一方、悲劇が両国間に絶えることのない友情の礎となったことに心がなぐさめられる」などと追悼文を述べ、寛仁さまが献花された。

 午後には紀伊大島のエ号慰霊碑前でも陸上追悼式典が行われる。

 遭難120年の今年、外務省は「トルコにおける日本年」とし、トルコ国内で友好祝賀式典などを開催。寛仁さまは「日本年」の名誉総裁を務められている。

 親善使節として日本に派遣されたエ号は明治23年9月、帰国途中に沈没。550人以上が死亡したが、紀伊大島の漁師らが69人を助けた。この救助活動は日本とトルコの友好関係の原点となる出来事とされる。

【関連記事】
友好120年祝い式典 日本とトルコ
エルトゥールル号遭難120年 トルコに友好の日本庭園
菊の紋章入りの皿発見 沈没トルコ軍艦の調査
6825点の遺品 沈没トルコ軍艦の調査終了
120年前に沈没、トルコ軍艦「エルトゥールル号」から金貨
「はやぶさ」帰還へ

徳之島は「日常的訓練」=普天間移設、本土より高頻度想定―官房長官(時事通信)
自民・大島幹事長が「衆院解散を」 首相辞任で(産経新聞)
救急医療基本法の制定を(医療介護CBニュース)
帆の完全展開、8日以降に=宇宙ヨット「イカロス」―宇宙機構(時事通信)
アユやモクズガニ 目黒川で「発見隊」(産経新聞)
[PR]

by qccywc7yfd | 2010-06-07 15:46